【絵本】ぴょーんのあらすじや感想。子供の反応と対象年齢は?

ぴょーん 絵本

この記事では、絵本「ぴょーん」のあらすじや感想、実際に子供に読み聞かせた時の反応を紹介したいと思います。
また、対象年齢についても後ほど書かせて頂きます。
ぜひ参考にしてください。

ぴょーんの作品情報と対象年齢

  • 作・絵:まつおか たつひで
  • 出版社:ポプラ社
  • 出版年:2000年
  • 対象年齢:0歳〜

作者のまつおかたつひでさんは、日本の自然絵本作家です。
日本や世界各地で自然を観察する旅をしながら、多数の自然科学の絵本を書いている方です。
(この絵本に出てくるバッタがすごくリアルに描かれているなぁと思っていましたが、とても納得できます。)

ぴょーんの内容(あらすじ)

ぴょーん あらすじ

「かえるが・・・ぴょーん」「こねこが・・・ぴょーん」
全部で9種類の動物や虫などが次々にジャンプをしていきます。
ページをめくるたびに、「ぴょーん」とそれぞれのジャンプをする姿が見れます。
タテ開きの絵本です。

ぴょーんを読み聞かせた時の子供の反応は?

この絵本を初めて読み聞かせたのはチビ子がまだ0歳の赤ちゃんの時でした。
最初からジーっと見ていました。
今は2歳になりましたが、ジャンプが好きなチビ子にとって、今でもお気に入りの1冊のようです。
本人も声を出しながらジャンプをして楽しんでいます。
特に笑っているのはかたつむりのページです♪
(ここで内容は細かく言えませんが、読んで頂けると、なんでかたつむりで笑うのかは分かってもらえると思います。)
読んでほしい時は「かえる、かえる〜!」と必死で訴えてきます。
一方、姉さんも一緒になって飛び跳ねて楽しんでいます。

ぴょーんの他にシリーズはあるの?

ぴょーんという絵本は、「はじめてのぼうけんシリーズ」の1冊となっていますが、
他にも同じ作者が作った絵本があるので、人気のある絵本を紹介させてください。

うわーっ

次々にこわいものが降りてきて、色んな動物がジャンプをするという内容になっています。
ぴょーん同様、小さなお子様が楽しめる絵本になっています。

ぴょーんを購入した感想、対象年齢は?

ぴょーんは、我が家の子供達が、赤ちゃんの頃から大好きな絵本です。
きっと、「ぴょーん」とジャンプをしていく繰り返しの動作が、
赤ちゃんにとっても分かりやすいので、真似もしやすく、楽しめるのかなぁと思います。
一つ一つの絵も、子供から親しみが持てるような、どことなく懐かしい絵になっています。
「ぴょーん」という言葉に抑揚をつけながら読んだり、実際に絵本を上にあげてジャンプさせてみると、
子供も喜びますし、読んでいる大人も楽しめる絵本だと思います。
親子の時間を楽しいものにしてくれる1冊です。
持ち運びに便利な大きさなので、移動中に愚図られた際に役に立つこともあるかと思います♪
また、対象年齢についてですが、現在4歳児の娘が今でもぴょーんと飛びながら楽しんでいるので
赤ちゃんから長く読める絵本だと思います。
ファーストブックにもオススメの絵本です。

絵本の定期購読サービスにご興味のある方はこちらの記事も参考にしてください♪
【ワールドライブラリー】気になる口コミ&サービス内容を徹底解説!