【絵本】ふたりはともだちのあらすじ(内容)と感想。

ふたりはともだち 絵本

今回は素敵な友情を描いた「ふたりはともだち」について紹介したいと思います。
物語のあらすじや、読んでみた感想、対象年齢、シリーズについても詳しく書いております。
ぜひ参考にしてください♪

ふたりはともだちの作品情報と対象年齢

  • 作:アーノルド ローベル
  • 出版年:1972年
  • 出版社:文化出版局
  • 対象年齢:5歳〜

対象年齢についてですが、読んであげるなら5歳〜、自分で読むなら小学生〜と推奨されています。
また、この絵本に出てくるお話の1つが、小学2年生の国語の教科書にものっていることでも知られています。

ふたりはともだちの内容(あらすじ)

がまくんとかえるくんが登場する友情物語が、全部で5編から構成されています。
1編ずつ紹介していきましょう♪

  • はるがきた

かえるくんが大急ぎでがまくんのお家まで走ってきました。

「おきなよ、はるが きたんだよ!」

大きな声でがまくんを呼びます。

しかし、「僕、ここにいないよ」とあしらうがまくん。
全く起きようとせず、寝続けようとします。

なんとか4月の春がきた素晴らしさを伝え、説得しようとするかえるくん。
そんなかえるくんにがまくんは、5月になったら起こしてくれと頼みます。

そこでかえるくんは良いことを思いつきます。
それは一体なんなんでしょう??

  • おはなし

夏のある日のこと。
かえるくんは病気で具合が悪い様子です。

そんなかえるくんの様子を見て、がまくんは自分のベッドで寝るように伝えます。

「ひとつお話をしてくれないか?」
かえるくんからこう提案されます。

「いいとも」

がまくんはお話を一生懸命考えました。

でも・・・・思いつきません。

家の前をブラブラしたり、逆立ちをしたり、コップの水を頭にかけますが、
やっぱり思いつきません。

そんながまくんは、頭を壁にドシンドシンとぶつけ始めます。

「もう お話いらないよ」

そう伝えたかえるくんは、がまくんにお話を始めます。

「むかしむかし、あるところに・・・」

どんなお話をしてくれるのでしょうか??

  • なくしたボタン

がまくんが上着のボタンを1つなくしてしまいました。
そこで、かえるくんとがまくんは、ボタン探しをします。

「きみのボタンだ!」

「そりゃぼくのじゃないな」

すずめやあらいぐまさんもボタンを持ってきてくれましたが、がまくんのではありません。
怒ってお家に帰ったがまくんが見たものは・・。

最後に、がまくんがユニークなアイデアである物を作ります。

  • すいえい

がまくんとかえるくんは、川へ降りていきます。

「水泳にいい日だね」とかえるくん。

そこで、ふたりは川で水泳をすることにしました。

水着を着ないかえるくんと、水着に着替えるがまくん。
でも、なぜかがまくんは、水着姿を見ないでねと言ってきます。
なぜなんでしょう??

しかし、亀やとかげ、ヘビたちがやって来て、「ぼくたちも見たいよ」と言います。

頑なに見せたくないがまくんは、水の中から出てこようとしませんが・・
だんだん身体が冷えてきて震えてしまいました。

ついに水着姿で出てきたがまくん。
その姿を見たみんなの反応はどうだったのでしょうか??
どんな水着を着ていたのでしょうか??

  • おてがみ

がまくんは、玄関の前に座っていました。
そこへかえるくんが、「どうしたんだい?」とやってきます。

悲しそうな様子のがまくんを心配したかえるくんは、がまくんの話を聞くことに。

お手紙を一度ももらったことがないがまくんは、お手紙を待つ時が一番不幸せになるそう。

その話を聞いたかえるくんは、「いえへ かえらなくっちゃ」と大急ぎで帰ります。
そして、「がまがえるくんへ」と手紙を書き始めます。
手紙を書き終えたかえるくんは、かたつむりくんに手紙を渡し、
がまくんのお家の郵便受けに入れてきてくれないか頼みました。

そして、かえるくんはがまくんの家へ戻ります。

「ひょっとして だれかが きみに てがみをくれるかもしれないだろう」
と伝え、一緒に待つことにします。

そしてかえるくんは、手紙を書いたのは自分であること、そして書いた内容を伝えます。

それを聞いたがまくんは、とても幸せな気持ちになります。

お手紙は届くのでしょうか?

ふたりはともだちを購入してみた感想

友情をテーマに、かえるくんとがまくんの心温まるストーリーがとてもユニークに描かれています。
また、お互い思いやる優しさが、言葉や行動に溢れていて、
読んでいると私まで優しい気持ちになれる本でした。

我が家では、寝かしつけの時に読む絵本の1冊になっていて、
5歳児の姉さんに「今日はどのお話がいい?」と聞いて選んでもらっています。
短いお話が5つあるので、子供たちにとって丁度良い長さです♪
また、分かりやすい言葉で5歳児もちゃんと理解している様子です。
絵本というより、児童書に近いのかなぁという印象です。

姉さんも2歳児チビ子も「すいえい」が大好きで、よく笑って聞いています。
私自身は、小学校の教科書にものっている「おてがみ」が好きです。

一緒に読んでいると、親子で心がポカポカしてきて、優しい余韻が残ります。
絵も優しい色合い、かえるくんとがまくんのお顔も可愛くて癒されますよ♪
お気に入りの絵本です。

ふたりはともだちのシリーズはあるの?

ふたりは〜シリーズの絵本はどれも心温まる友情ストーリーです。
紹介させて頂きます。

ふたりはいつも

がまくんとかえるくんのユーモラスなお話が5話あります。
春夏秋冬、ふたりの1年間が描かれています。

ふたりはいっしょ

こちらも、がまくんとかえるくんのお話が5話あります。
どれも優しい友情のお話です。

ふたりはきょうも

シリーズ4作目の作品です。
お誕生日のお祝いの時も、おばけの話をする時も、ふたりはいつも一緒なんです。
心温まるストーリーです。

絵本の定期購読サービスにご興味のある方はこちらの記事も参考にしてください♪
【ワールドライブラリー】気になる口コミ&サービス内容を徹底解説!