【絵本】いないいないばあのあらすじ(内容)と感想。対象年齢は?

いないいないばあ 絵本

この記事では、絵本「いないいないばあ」のあらすじや内容、対象年齢について詳しく紹介したいと思います。
実際に子供に読み聞かせた時の反応なども書かせて頂いてますので、ぜひ参考にして下さい。

いないいないばあの作品情報と対象年齢

  • 文:松谷 みよ子
  • 絵:瀬川 康男
  • 出版社:童心社
  • 出版年:1967年4月15日
  • 対象年齢:0歳〜

発行部数622万部を超える、日本で一番売れている絵本だそうです。(トーハンミリオンブック2017調べ)
初版から50年以上経ちますが、未だに沢山の赤ちゃんに読まれている絵本です。
日本一読まれている絵本ってすごいことですよね!!
この後、詳しい内容や、子供の反応、感想などを紹介させて頂きたいと思います。

いないいないばあの内容(あらすじ)

いないいないばあ 内容

「いない いない ばあ
にゃあにゃあが ほらほら
いない いない・・・ばあ」

可愛らしい絵の動物さんが、次々にいないいないばあをします。
4種類の動物と、女の子が登場します。

いないいないばあを読み聞かせた時の子供の反応は?赤ちゃんから楽しめる?

娘たちにとって、「いないいないばあ」はファーストブックの一冊です。
初めて読んだのは、まだチビ子が生後6ヶ月にもなっていない時だったかと思います。
チビ子の表情が出てくるようになると、私が「いないいないばあ!」
と言いながらページをめくる度に笑っていました。
それからは、決まって絵本棚から持ってくる絵本はいないいないばあ
いう日がしばらく続きました。(チビ子0歳児の時の話です。)
それくらいチビ子にとってお気に入りの1冊でした!!
当時、1歳半だったチビ子本人も「ばあ」と言いながらキャッキャッと笑っていましたよ。
子供達にとってわかりやすい内容ですし、大きくて持ちやすい絵本なので、
自分自身でページをめくりながら楽しそうに読んでいる時もありました。

我が家では親子の絵本時間は欠かせないものになっています!
子供の反応の違いや、表情を見て一緒に共感できる楽しい時間だと思っていて、大切な時間です。

いないいないばあのシリーズやセットについて

作者の松谷みよ子さんといえば、日本の児童文学作家を代表する方の一人です。
聞いたことがない人はあまりいないんではないでしょうか?
そんな松谷みよ子さんが作る絵本の内容は、とてもシンプルな内容で、
それだからこそ赤ちゃんにも分かりやすく、好まれる絵本なのではないかと思います。
長年愛されている絵本を読むと、愛されている理由があるんだなぁと思います。
多くの作品の中から、私が実際に読んでみたことのあるおすすめの絵本を数冊紹介させてください。

もうねんね

我が家の寝かしつけ絵本です。
赤ちゃんの時は、この絵本を読んだ後は寝る!という流れでした。
絵本の題名通り、「もうねんねしよーねー」といってゆっくり読むと、本人たちも寝るモードになってくれます。
動物や女の子の寝る姿が愛らしくて癒されます。

いいおかお

こちらの本も子供達に大ヒットでした!!
とにかく、可愛い絵!!
そして、動物たちが次々に「いいおかお」を見せてくれます。
読んでいる私達も自然といいお顔になりますよ。

のせてのせて

よく図書館の読み聞かせでも読まれる絵本ですね。
なんだか懐かしい気持ちになるようね、優しい絵です。
赤い自動車を運転するまこちゃんが登場し、次々に色々な動物達を乗せていきます。
子供の好きなトンネルも通過したり、テンポも良くて楽しめます。

おさじさん

何とも可愛らしい顔をしたおさじさんが登場します。
「美味しいものはありませんか?お口に運んであげますよ」と言ってやってきます。
赤ちゃんが食べることに興味が持てるような絵本ですね。

もしもしおでんわ

「じりりーん じりりーん」と電話がなります。
この絵本に登場するのはおじいちゃんの家にあったような黒電話。
おひさま、あひるさん等から電話がかかってきます。
今の子達には馴染みのない黒電話の音ですが、電話が好きなことには変わりありません!
一緒に「じりりーん」といって楽しんで読んでいますよ。
赤ちゃん向けの絵本ですが、4歳児の姉さんは今でも大好きな絵本です。

以上、私が実際に子供に読み聞かせたことのある絵本を紹介させて頂きました。
他にも松谷みよ子さんの有名な絵本はあります。
セット販売しているものもあるので参考までにご覧ください↓
出産祝いにもオススメですよ♪

松谷みよ子あかちゃんの本(全9巻セット)

いないいないばあを購入してみた感想

多くの人から長年にわたって支持されている絵本は間違いない!
というのが、率直な感想でした。
シンプルでわかりやすい言葉、何とも愛らしい絵が赤ちゃんの視線を釘付けにします。
いないいないばあが大好きな子供達と一緒に読んでいると、子供が笑顔になるだけでなく、
読んでいる私も「ばあ」と笑顔になって読んでいます。
絵本は私たち親子にとって大事な時間だと思っていますが、
この絵本はより楽しい時間を作ってくれました。
やんちゃ娘たちでも、絵本の時はじーっと集中して聞いてくれます。
今でも、いないいないばあの絵本を手に取ると、子供達がどんな表情や反応をして聞いてくれていたかを思い出します。
初めて読み聞かせた絵本の1冊でもあるので、ずっと大切にしたい絵本です♪
出産祝いにも喜ばれると思いますし、ファーストブックにもオススメな絵本です。

絵本の定期購読サービスにご興味のある方はこちらの記事も参考にしてください♪
【ワールドライブラリー】気になる口コミ&サービス内容を徹底解説!